最近のトラックバック

« 港ヨコハマ。 | トップページ | 荒行。 »

花嵐。

土曜日、娘がOBとなった高校の後援会総会に向けての打ち合わせ。春の嵐が吹き荒れる中、船橋へ。

現役・OBの役員さんが集まり、様々な懸案や会計監査などを精査しながらも、心は既にその後の懇親会に向かっている。

大仰に言えば、当時は寝食を共にした戦友とも言える間柄。それ故に皆さんとお会いすると往時の苦労話などでより絆が深まる。

居酒屋からカラオケに流れ、楽しい一時を過ごした。

日曜日、昼頃より家人と共に近所にある手打ち蕎麦屋「新玄」へ。

取り敢えずのビール。Dcim1312お通しは蕎麦味噌。

グラス半分ぐらいのビールを飲み干し、あとはいつもの通り日本酒を冷で。Dcim1316片口に入れられて供される。

つまみもいつもの「モツ煮込み」「イカの沖漬け」。Dcim1315蕎麦屋ながら、この店のモツ煮込みはそこらの居酒屋よりもグレードが高い。

Dcim1313イカの沖漬けもまた然り。

品書きに「そら豆とエビのかき揚げ」があった。Dcim1317春を感じさせる爽やかな味わい。冷酒によろしい。

暫くしてお勘定を済ませ店を出る。自慢の蕎麦はまた次回。

既に葉桜となった木々を眺めながら歩いていたら「扇寿司」に着いた。Dcim1318久々に口開けの客となる。

抹茶割り。Dcim1319お通しには「あん肝」。Dcim1320
肴はいつもの適当に。Dcim1324カウンターに常連さんと、座敷には団体さんが入った。

カウンターの常連さんはこの店でも有名な翁。82歳にして「赤霧」をストレートで生ビールをチェイサーにグイグイと飲る。その飲みっぷりは正に酒仙。一緒に世間話を楽む。

家人の好物「穴子」。Dcim1326

ここで半日勤の娘が仕事を終えて合流。

娘は生ビールで乾杯。労働の後の一杯は美味そうなのだが、年頃の娘が喉を鳴らしながら勢い飲む姿に、若かりし頃の家人と重なる。これが血の道と言うことか。Dcim1325
娘の好物「エビきゅうサラダ」。Dcim1330「焼きたらこ」。Dcim1328添えられた海苔に巻いて食す。

食べ盛りはとうに過ぎている筈の娘だが、生ビールをお代わりして更には寿司をつまみにしていた。Dcim1333

コチラは少々酔い過ぎ。

マスターと常連さんに挨拶を済ませ店を出る。申し訳ない事にママに車で送ってもらう。

飲んで食べて語って、正しい日曜の午後の過ごし方。

« 港ヨコハマ。 | トップページ | 荒行。 »

コメント

土曜日は久々に聞いた正調M田節も益々絶好調で、お陰様で楽しく飲ませていただきました。カラオケでもM田さんは日頃の鬱積ぶりが選曲にわかりやすく表れていましたね。良いガス抜きになった事でしょう。

翌日曜日の正しい休日の過ごし方、実にいいですね。また近々ご一緒させて下さい。

M酔軍様

土曜日はお世話になりありがとうございました。

相変わらずのM田節、健在でしたね。更に磨きがかかった感さえあり、さすがの姐さんも抱腹絶倒してました。

総会も控えておりますし、またよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/57126363

この記事へのトラックバック一覧です: 花嵐。:

« 港ヨコハマ。 | トップページ | 荒行。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ