最近のトラックバック

« 南船北馬。 | トップページ | 花嵐。 »

港ヨコハマ。

金曜日の午前中、生業で秋葉原より湘南台までの往復。

夜、午前中と同じような経路で関内まで。同僚のS氏と待ち合わせ。この方とは随分付き合いも長いが、サシで飲るのは恐らく初めてなのではないだろうか。

S氏はこの近辺に在住なので、ここら辺りの街に明るくコチラは楽で良い。連れられるがままに酒場へ入った。最近の旬な話題や、いずれ公表予定のお宝現場画像や予定表など、関係者なら垂涎ものの内容で盛り上がる。

店を出て、向かうは弁天通りにある「Sally's Bar」。

丁度一週間前、蜷川さんに連れて行って頂いた。Dcim1387先日お邪魔した際、5月の5日に開催されるお店主催のパーティーにお誘いして頂いたのだが、日程の調整が付かず残念ながら参加が出来ない。せっかくお誘い頂いたのにメールなどでは失礼と思い、本日になった。

扉を開けると、カウンターはほぼ満席。

サリーさんはあいにく電話中で我々に気づかない。立ち尽くしている我々に常連さんが「どうぞ」と勧めてくれた。丁度良く2席分だけが空いていた。

ターキーの水割りでこの日2度目の乾杯。この店の水割りは濃い目で大変よろしい。

このS氏の最寄駅が「山手」と聞くと、サリーさんと俄然話が合い、お互い共通の知り合いもこの店のお客さんだったりして、やはり「縁」とは必然である。

隣りのグループに何気なく目を向けると、真ん中に蜷川さんがいらっしゃった。この日は作務衣支度だったのでそれまで全く気付かなかった。

お知り合いの方々と楽しくご歓談をされていたので、頃合を見計らってご挨拶。蜷川さんも驚いて何故か「マンセー」と発しながら両手を上げた。

先ほど「どうぞ」と席を勧めてくれた夏木陽介似の常連さん、先週は髪型を「コーンロウ」でキメていたが、今日は紳士然としていらっしゃる。明日サンディエゴへ発たれるそうだ。

サリーさんと「ベース」の話しや「ヒロポン」「ヒヨポン」など共通の話題が出来た事もあり、S氏はここ「Sally's Bar」がとてもお気に入りのご様子。「仲の悪い女房も好きそうな店」とも言っていた。

蜷川さん御一行が帰られてからも暫し止まり木に。サリーさんのご主人も話に加わり地元のディープな話題になっている。コチラはそのやり取りを見ているだけでも楽しい。Dcim1311Dcim1310「また来ます」と元気良く言ったS氏。

満足して店を出た。

関内駅で上り下りに分かれて電車へ飛び乗る。コチラはこれから約1時間半の道のり。それでもまた訪れてみたい。

« 南船北馬。 | トップページ | 花嵐。 »

コメント

すみません。この日、あまり体調が良くなく、酔いが回っていましてほとんど記憶がありません。どうやって自宅に戻ったのか・・・。強い薬を飲んだ後の酒は駄目ですね。大変失礼を致しました。ちなみに一緒にいたのは、元アナーキーのギタリストの藤沼さんです。久しぶりに彼を囲む会をやりました。平身低頭。

あっ蜷川です。名前を書くのを忘れていました。

蜷川様

こちらこそ突然失礼いたしました。

この日も蜷川さんに藤沼さんをご紹介して頂きましたが、元アナーキーと聞いて思わず「ボーカルの仲野さん」と発してしまい、藤沼さんから手鉄砲でバキューンと撃たれました(笑)

ブログにも記しましたが、同行した同僚も大変喜び初訪問にもかかわらず「居心地が良い」と申しておりました。またお邪魔させて頂きます。

サリーさんのお店気に入って頂いたようで大変嬉しいです。
近々また!

OKI様

お陰様です。

私はもとより、同行した同年代の同僚も大変喜んでおりました。

これもサリーさんご夫妻の人柄の賜物だと思います。

近々飲りましょう。たまには千葉県内でどうでしょう(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/57115207

この記事へのトラックバック一覧です: 港ヨコハマ。:

« 南船北馬。 | トップページ | 花嵐。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ