最近のトラックバック

« 塞翁が馬。 | トップページ | 浜っ児。 »

カオスでコスモス。

今宵は大阪ディープタウンの一つ、十三。

数ある酒場の中で「十三」の代名詞となって久しい大衆酒場の「十三屋」。

いつ訪れても店内は活況を呈している。

この日も案の定ほぼ満席状態。店員さんにカウンターを進められるが、どう見ても滑り込む余地がない。しなしながらそこは名門酒場、常連さん方が両脇へ少しづつ移動してくれてどうにか納まった。

先ずは「酎ハイレモン」に「どて焼き」。Dcim1370色んなところでこの「どて焼き」を食すが、殆どの店が甘めの味付けが多い。その点ここのは丁度良い塩梅。

品書きに「特上鰹」とあった。値段もこの店にしては最上級?の600円。酎ハイから「そば水」にかえたのを機にその「特上鰹」を頼んでみる。Dcim1368見た目は極普通。特上の基準がイマイチ分からないが、普通に旨いことは確かだった。

好物の「のれそれ」があった。Dcim1374これを見かけると、いよいよ春を実感する。

日本酒に切り替えようか迷ったが「そば水」が飲み心地が良くそのままにした。

隣の客人を真似てポテサラ。Dcim1373ここのポテサラはポテトを潰さないず柔らかい塊のままで供される。マヨもたっぷり。これもまた良い。

名物の「ミンチカツ」を頼もうとしたが、隣の客人が食しているのを見たらそれで満足してしまい、湯豆腐にした。

Dcim1372これぞ、関西版湯豆腐。その店により豆腐の上には「鰹節」だったり「とろろ昆布」だったりするが、どちらもよろしい。

この街全体が混沌としている中、この店は常連さんと新参者、或いは余所者が渾然一体となり入り混じっているの。いつもながら居心地が良いのは、一見ダレていそうな店員さんがしっかりとした気配りと対応を怠らないからだろう。

名店であることを再確認しつつ、明日が早いのでこれにて終了。

« 塞翁が馬。 | トップページ | 浜っ児。 »

コメント

愚息が珍しくI岡と大守に連れられ、生意気にも「みかさ」に行ったようですが、さすがにつわもののご両人には歯が立たず(当たり前ですが)、品川における飲み方をきっちり教わり、めでたく店の前でマーライオンとなったとの事です。なんともだらしなく鍛えなおさねばなりません。今後共ご指導いただきたくよろしくお願い致します。

M酔軍様

無事にご子息様も凱旋帰国された様で、誠におめでとうございます。

早速、名だたるご門弟様方の洗礼を受けられたとの事で、今後の更なるご活躍を期待しております。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/57056873

この記事へのトラックバック一覧です: カオスでコスモス。:

« 塞翁が馬。 | トップページ | 浜っ児。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ