最近のトラックバック

« サス比べ。 | トップページ | やぶでやぼ。 »

カミヤ&神谷。

今宵はご近所のI上さんと新橋で一献となり、ついでに愚息も呼び出す。

ニユー新橋ビルを過ぎた辺りの裏路地に入る。さすがサラリーマンの聖地、今だに昭和な匂いが漂い素見しているだけでも楽しい。

生憎、目的の酒場が大入り満員のうえ「待ち」まで出ている。考えてみれば三連休を前にした金曜日。

そんな中、I上さんの案内で「もつやき・カミヤ」。Dcim1195外から覗くと、ここもまた盛況。無理を言って3名分席を空けてもらった。店内は正に立錐の余地もない。

息子は瓶ビール、I上さんとコチラは「レモンハイ」。焼き物はタレと塩の盛り合わせと、品書きに「レバー刺し」と記されている事に驚いた愚息がそれを注文。Dcim1197Dcim1196勿論、豚レバー。鮮度が良いので牛のそれと比べて全く遜色がない。

Dcim1199Dcim1200タレが少々甘めに感じたが、それでも十分満足できる。

「中」を追加して、その後は日本酒になった。Dcim1201都内には自分が知っているだけでも上野・新宿・日本橋に「カミヤ」がある。詳しい関係は分からないが、この店もやはり箸を置いていない。焼き物の串が箸替わり。

I上さんより愚息に対して社会人としての心構えを説いて頂く。人生の大先輩でもあり社会的地位もある方の適切な教えに、親には見せたことのない神妙な面持ちで聞き入っている。

まだまだ治まらない喧騒の中、お勘定を済ませ銀座線で浅草へ向かった。

「神谷バー」。Dcim1205Dcim1204愚息はこの日が「神谷バー」デビューとなった。

当然ながら「デンキブラン」も初顔合わせ。Dcim11321

つまみには、湯豆腐を頼もうとする愚息を押し止めて「ジャーマンポテト」と「ナポリタン」。Dcim1202Dcim1207店内同様、懐かしい味に浸る。

ここは相席が極当たり前。この日も隣には高齢の方が文庫本片手にウイスキーの水割りを旨そうに飲られていた。

ラストオーダーとなり、愚息はビール、I上さんと自分は「ジム・ビーム」になった。Dcim1208

この時分のせいか、満席ながらどこか落ち着いた心地よい雰囲気が店内を包んでいる。思えば夜の浅草は久々である。

帰りしなに見た、帳の落ちた仲見世もまた良い。

足元の確かなうちに帰路についた。

« サス比べ。 | トップページ | やぶでやぼ。 »

コメント

昨日はほんの近くで飲んでいたにもかかわらず大変残念でありました。こちらも今週台湾からの客人を連れて駒形どぜうでK原さんO岐さんと合流。そこに大守と家内も加わり楽しい宴となりました。その後神谷バーに流れ、台湾での白酒のお礼に電気ブランでカンペーとなった訳です。お約束通り大守は新宿駅のトイレを占拠、台湾の客人もマーライオンを3度ほど繰り返したとの事で、日本への出張も気力体力根性と言い残し帰国していきました。

M酔軍様

「駒形どぜう」から「神谷バー」へのアテンドとは、台湾よりのお客人もさぞやお喜びのことだったでしょう。

K原さん・O岐さんもお元気そうで何よりです。来月の一献会も今から楽しみですが、蜷川さんがご参加となれば大破・轟沈は必至でしょうね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/56727042

この記事へのトラックバック一覧です: カミヤ&神谷。:

« サス比べ。 | トップページ | やぶでやぼ。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ