最近のトラックバック

« きくわた。 | トップページ | 常套句。 »

追懐。

今宵は同僚4人と会社の近くにある定宿「大江戸や」で一献。

この店の良いところは、あまり若い人がいないので静かに飲れる事と、性質の悪い酔っぱらいもいない。Dcim1232_3
先ずは瓶ビールで乾杯。
Dcim1225_2お通しには「蛸と大根の煮物」。中々気が利いている。


「油淋鶏」。Dcim1226_2
二日間の会議も終わり、束の間の休息。

コップ1杯のビールを飲み干し、K氏とコチラは直ぐに燗酒にし、後の面々は一升瓶でキープしている麦焼酎の「中々」のホット緑茶割りなどを飲っている。Dcim1227_2
丁度良い塩梅に「刺し盛」も運ばれてきた。Dcim1228_2カワハギの肝醤油は勿論、肝そのものを湯がいたのを山葵醤油でやるのも良い。

「自家製塩辛」。文字通り塩っ辛い。Dcim1229_2
このメンバーで飲ると、いつもの昔話が始まる。

「♪そんな時代もあったねと~」グラス傾け往時を懐かしむ。
釣り・カヌー・キャンプや旅行がらみの超法規的な事まで。年齢的には自分が一番若いのだが、一番生意気なことを言わせて貰っている。

「ウインナーとポテトチップス」

Dcim1230_4「海鮮焼きそば」Dcim1231_2
そう言えば、焼きそばやウインナーもキャンプの定番だった。残念ながら思い出には追いつけず遠くに離れていくばかり。

いつもなら、あと2.3軒となるところだが、本日は皆さん御行儀良くここで解散。

« きくわた。 | トップページ | 常套句。 »

コメント

4月には齢53になろうとしている大守氏の武勇は留まるところを知りません。
社宅の居住者を震撼させたこのたびの警察官を引き連れてのご帰宅など、正に昭和の酔っ払いの継承者として他の追随を許さぬ領域に入ってきている事は間違いありません。更なるご活躍を期待するところです。

M酔軍様

古き良き時代を彷彿とさせるその酔客ぶりは、最早敬服以外の言葉が見当たりません。
絶滅危惧種への登録にも値するのではないでしょうか。

今後も益々のご活躍を祈念しております。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/56804274

この記事へのトラックバック一覧です: 追懐。:

« きくわた。 | トップページ | 常套句。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ