最近のトラックバック

« カミヤ&神谷。 | トップページ | 色とりどり。 »

やぶでやぼ。

日曜日、家人と二人で「湯島天神」へ向かう。

この湯島天神へのアプローチは「男坂」や「女坂」など、いくつかのルートがあるのだがこの日は春日通り沿いにある「夫婦坂」より参詣した。

受験の時節柄、境内は老若男女で大変な賑わいである。本殿の脇には、おびただしい数の合格祈願の絵馬もあった。

我々も今月に国試を控えた娘のために二拝二拍手一拝で合格祈願をした。親として出来る事はこれぐらいのこと。後は本人次第。

この日は8日から始まった「梅まつり」も開催されていて境内には出店なども出ていたが、肝心の梅はまだ蕾のままの枝が多い。

銅の明神鳥居を出て一揖して坂を下った。贔屓の浮世絵師「小倉柳村」はこの辺からの坂下を描いたのだろうか、などと思いを馳せる。

Dcim1210
御徒町方面に向かう。歩きながら「ちょっと一服つけようか」との事になり、御徒町駅の側にある「日高屋」へ入る。Dcim1213Dcim1215家人は生ビール、コチラは酎ハイ。つまみは野菜炒めと餃子。人心地ついてそそくさと店を出た。いつもの居酒屋使い。

山手線に乗り新橋で降りる。向かったのは「浜離宮恩賜庭園」。Dcim1222直ぐ側に高層ビル群や首都高がありながらも、その広大な敷地は長閑な雰囲気を十分に味わえる。園内にある売店には「おでん」はあるが酒類は無いのが残念。持ち込みは良いのだろうか

気候が良い時に汐入の池や海側を眺めながら日がな一日を過ごしてみるのも良さそうだ。また改めて様々な季節に訪れてみよう。

築地まで歩きメトロで上野まで。

上野からは歩きながら浅草通りを稲荷町・田原町と超えて雷門へ。昼時分を過ぎていたのでどこへ入ろうか迷った挙句、かんのん通りにある「大衆酒場・ニュー浅草」。Dcim1225先ずは瓶ビールと酎ハイで乾杯。Dcim1226結構な距離を歩いたので喉も乾いた。一口だけビールをいただく。

つまみは「赤ウインナー」と「たぬき豆腐」。Dcim1228Dcim1227

家人の所望した好物の「白子ポン酢」。Dcim1231
コチラは風邪気味と言う事もあり、今一つ体調が優れない。酎ハイを家人に任せて日本酒の大にした。Dcim1230身体は正直なもので、頼みに綱の日本酒までもがあまりすすまない。仕方がないので日本酒も仲良く分け合った。

暫くして店を出る。

そのまま帰れば良さそうなものだが、「何かさっぱりした物を食したい」と思い向かったのは浅草での〆「並木藪」。Dcim1232Dcim1236午後3時頃にもかかわらず、「待ち」が出ている。

30分ほど我慢してようやく入店。

願ってもない帳場に近い一番奥の座敷に案内された。

取り敢えず、菊正。Dcim1237蕎麦味噌を舐めながら頂く。

丁度良い頃に「ざる」が届いた。Dcim1240そば猪口に注いだ汁、これで全量。3、4本を手繰り尻尾だけ浸けて刺身の如く食す。これに樽の風味のする「ぬる」を合わせ飲る。正しく至福の時。

この店には蕎麦と同様に風情や情緒を楽しみに来るお客も多く、そこは大人の領域である。

この日は幼児連れのお客が何組かあった。大人と同じように並ばされて、大人と同じ様なものを食す。泣いたりグズるのは当たり前のこと。子供に責任はない。親が悪い。

そんな状況でもお店の店員さんの丁寧な対応、いつもながら差配がとても良く気持ちが良い。

濃厚な蕎麦湯を頂き、満足して店を出る。Dcim1241

西に傾きかけた日差しに映えるスカイツリーを眺めながら家路についた。

« カミヤ&神谷。 | トップページ | 色とりどり。 »

コメント

日曜日は急に思い立って成田までI岡氏と家内とで芝刈りいや穴掘りの練習に行ってまいりました。結果は3人とも痛恨のスコア。天気も良く風もなくコースも広いだけに言い訳もできず反省しきりとなりました。

M酔軍様

我がご近所のTウッズも先日宮崎まで遠征に行かれたそうです。
完全復活されたようでギャラリーとしては誠に喜ばしい限りです。
今度ご夫妻でご一緒されては如何でしょう?
打ち上げは当方が企画します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/56741470

この記事へのトラックバック一覧です: やぶでやぼ。:

« カミヤ&神谷。 | トップページ | 色とりどり。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ