最近のトラックバック

« 宴初め。 | トップページ | 小径の賑わい。 »

男はつらいよ。

計画性のないコチラ夫婦。

急に思い立って家人と二人柴又へと向かう。

本来ならばJR金町駅より京成線のり一駅で柴又まで行くのだが、今日は新春に相応しい天晴な日本晴れ。柴又街道を歩きながら15分ほどの道行。

三が日は過ぎたとは言えまだ松の内、帝釈天までの参道は人で賑わいでいた。Dcim1011今年が年男で厄年だと言う愚息の御守を買ってからいそいそと参道を引き返し、いつもの「かなん亭」の戸を開けるとラッキーにも二人分の席が空いていた。「こいつぁは春から縁起がいいわえ」。

家人は瓶ビール、コチラは樽酒。つまみは「もつ煮込み」Dcim1014Dcim1013升の角に乗っかったキメ細かな塩を舐めながら先ずは1杯。この全くクセの無いオーソドックスな煮込みも良い。

家人が頼んだ焼き鳥「ねぎ間」「カシラ」「砂肝」。Dcim1016

コチラは品書きから「鯨ベーコン」を頼んだ。Dcim1015この色合いと薄さに安堵する。このペラペラなベーコンを下に敷かれた葱と共に辛をつけてポン酢で食す。これが悪くない。

人心地付いたところでお勘定を済ませ店を出た。

その後の順路は定石通り柴又駅前広場にある酒場「春」。Dcim1019この店のアリーナでもある店前のオープンエアーな席は既に埋まっていた。

ママの春ちゃんに新年の挨拶を済ませ、燗酒を二つ頼む。Dcim1020お通しは膾とポテサラ。

おでんを頼み家人はそのまま燗酒を、コチラは定番の「レッド春」にする。Dcim1021Dcim1022焼酎ベースにトマトジュースの酸味とコーレーグスの辛さのバランスが良く、アルコール漬けなコチラの脳みそには丁度良い刺激になる。

店内店外ともに盛況な様子。ママに挨拶をして店を出た。

往路と同じ道を通り金町まで出て、微かな期待を胸に「ゑびす」を訪ねたら、年明けは七日からの営業とツレない張り紙。

顔で笑って心で泣いて。マドンナにフラれた時の寅さんの如く、深追いはせず家路につく。

« 宴初め。 | トップページ | 小径の賑わい。 »

コメント

昨日は大変お世話になりましてありがとうございました。おかげ様で正しい新年会を皆様と楽しく過ごさせていただきました。本日この晴天下柴又で飲っているとの情報に接し、仕事始めの身には辛いものがありましたので業務終了後は早速、I園、大守、S谷、若手のH田と新年会を開催致しました。本年もよろしくお願い致します。

M酔軍様

こちらこそ合宿帰りのお疲れなところお立ち寄り頂きありがとうございました。

それにしても新年から錚々たるメンバーでの新年会ですね!

今年もどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/56467608

この記事へのトラックバック一覧です: 男はつらいよ。:

« 宴初め。 | トップページ | 小径の賑わい。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ