最近のトラックバック

« 天長節。 | トップページ | 宴初め。 »

ゆく年くる年。

12月30日に急遽帰省。

取り敢えず先発隊として一人「つばさ」に乗り込む。幾度経験してもこの瞬間だけはその都度望郷の念にかられ、年甲斐もなく心躍る。

上野を過ぎ地下から地上へ抜ける日暮里辺りで逸る心を抑え、ちょいと腹ごしらえ。Facebook_257890701久々の「チキン弁当」と吟醸生貯蔵酒「朱鷺」。

このチキン弁当は鳥の唐揚げとケチャップライス、そしてポテサラと小さいスモークチーズが付いているところが何とも呑み助の心を擽る。

途中、栗子峠の絶景の雪景色を眺めながら昼過ぎに山形駅に到着。

夜の酒席まで時間はたっぷりあるので思い出と懐かしさが混ざる街並みを歩く。

暫くして空腹を覚え、本町にある手打そば「さかい」の暖簾を潜った。この店に前回訪れたのは35年前の高校時代。店内に入ると当時と同じ匂いがした。Dcim09823

先ずはビールで喉を潤す。Dcim0978季節柄なのだろうか昆布巻きと、天下御免の「青菜(せいさい)漬け」がサービスされた。青菜漬けを除けて昆布巻きだけをつまむ。適度な甘さの昆布と鰊が旨い。

そして目的の中華そば。Dcim0979_2程よく縮れた麺とスープのバランス、ラードの香り、昔以上の旨さを感じた。懐かしさが下駄を履かせたか。いずれにしても、これぞ蕎麦屋の中華そば。

因みに我が故郷では、蕎麦屋の品書きに中華そばがあるのは極普通。そしてそれが旨い。

昔通った楽器屋や本屋を素見していると夕刻になり、実兄と幼馴染のIと待ち合わせ。三人で向かったのは七日町の「おかめ」。兄とIは常連だそうだが、自分は初めての訪店。Dcim0989
取り敢えず生ビールで乾杯。このIとは小学校からの腐れ縁で、バンド仲間でもある。当時この兄貴より一からギターを習った弱みがあり、今でも兄貴に頭が上がらない。

お通しには、ゼンマイの煮物・つぶ貝・タラコ焼きの三種。Dcim09833
他のつまみは常連の二人に任せた。

「煮込み」。Dcim0985あっさりとした中にもしっかり旨味が凝縮されていて雑味のない汁までも美味しく飲み干せる。それがこの煮込みの身上。

直ぐ様日本酒に切り替える。

「鯨ベーコン」。Dcim0984生姜醤油で食す。上質の脂が口の中に広がる。確かに旨いのだが昔はもっとペラペラでもっと赤かったと三人で大笑い。

続いて「海鞘」と「海鼠」。Dcim0987Dcim0988この肴では否が応にも酒が進む。それに釣られて若気の至でおこした昔の悪行話しで盛り上がる。

女将さんが気を遣って「蓴菜」をサービスしてくれた。Dcim09864この独特の歯応えとさっぱりとした酸味がより酒の呼び水になる。

Iの話しによると、この店の店主はこの街の某老舗料亭で長らく板長を任されていたそうだ。

満足して店を出る。暮れの忙しい時期でもありここで解散。二人のおかげで愉快な時を過ごせた。

大晦日。この日に帰省する家人を山形駅へ迎えに行き合流。二人で家人の実家へ向かいご先祖様へお参りを済ませ、早速帰省の際のルーティン「オオミヤ食堂」へ。

早速ビールを頼むと、白菜漬けと沢庵がお通し。家人だけ旨そうに食べていた。

家人は名代「ラーメン」と、コチラは珍しく「味噌ラーメン」。Dcim0991Dcim0992安心した旨さ。初めて食べた味噌も悪くない。おまけに付いてきた「ヤクルトもどき」お土産に頂き店を出た。

その後、今回の帰省の目的でもある親戚宅へ行って用事を済ませ、夜は家人の親父殿・おふくろさんと四人で正しい大晦日の過ごし方「紅白歌合戦」と「ゆく年くる年」を酒を飲りながらゆるりと観た。

「謹賀新年」。

1月1日。朝一番で御仏壇のご先祖と神棚にお参りを済ませ、直ぐに屠蘇となる。下戸のおふくろさんはお茶で、親父殿と家人と三人は日本酒で新年を寿ぐ。

昼にはまた「つばさ」に乗って帰る。昨夜もかなり御酒を召し上がった今年84歳になる親父殿はこの日も意気軒昂にコチラと同じペースで日本酒からワインと付き合ってくれた。頼もしくもあり、嬉しくもある。いつまでも元気で一緒に飲って欲しいものだ。

慌ただしい帰省も上りの「つばさ」に乗り込み一段落。

家人と二人、座席で早速店開き。Dcim0996_2日本酒・ワイン・ビール。その他つまみなど風呂敷を広げたは良いが、昨日と今朝でコチラはすっかり飲み過ぎてしまい、中々酒に手が出ない。そんな中、隣で景気の良い音と共に500ml缶ビールのプルトップを勢い良く引く姿の家人が居た。

夕刻に漸く帰宅して、地元の氏神様へお参りに行き新年のご挨拶。

我が家でも改めておせちで一献。Dcim1000

今年はどんな一年になるのだろう。そこそこ元気で旨い酒が飲れれば、まぁそれで良しとするか。

« 天長節。 | トップページ | 宴初め。 »

コメント

あけましておめでとうございます。
今年もグルメ・酒・旅情報を楽しみにしております。

ご家族皆様のご多幸と、ご健康を祈念申し上げます。

今年もよろしくお願いいたします。

鉄仮面様

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年賀状の大涌谷の画像、懐かしく思い出しました。
白黒混合の玉子、面白かったですね。

この春からは子供達からも完全に見放されそうなので、落ち着きましたら是非ご一緒に旅行でも行きたいものですね。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

慌ただしい年末年始だったようですが、楽しまれた様子が伺えて、自分でも気付かないうちに笑顔になっていました。
laylaさんの立ち振る舞いはいつも豪快で気持ちがいいですね。
私もそうなりたいと、目標にさせて頂いております。

今年もお体に気を付けて、豪快なブログを楽しませて下さいませm(__)m

たいちょ様

おけましておめでとうございます。

お近くなのに中々お会いする機会がなく残念ですね。
今年は偶然ではなく必然的にお会いしたいと思います
のでよろしくお願いいたします。

ちなみに豪快なのは私ではなく、嫁です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/56450989

この記事へのトラックバック一覧です: ゆく年くる年。:

« 天長節。 | トップページ | 宴初め。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ