最近のトラックバック

« 男はつらいよ。 | トップページ | 銀世界。 »

小径の賑わい。

湯島のいつも通っている道に、予てより気に成っていた店がある。気には成っていたものの、何故かこれまで長い間ご縁がなかった。

末広町駅を背にして中央通りから脇道に入り狭い道をまた折れた十字路の二軒目。

外観は極々普通ながらいつも賑わっている。

今宵は生業繋がりの若手Nを慰労すべくその店に誘った。

「さくま亭」。Dcim1034暖簾を潜ると既にご常連さんらしき先輩方が気炎を吐いて元気に飲っている


店内は縦長でテーブル席と奥には小さなカウンターもある。

二人席に案内されNは生ビール、コチラは酎ハイで早速乾杯。品書きに「マカロニサラダ」を見つけ、反射的に頼んだ。Dcim1027_2一口飲んだ酎ハイが濃くてついつい顔が綻ぶ。お通しにはスナップエンドウ。マヨネーズが添えてあるのもよろしい。

マカロニサラダ。Dcim1026何気無く二人で箸をのばして食べた途端、異口同音に「うんま~い」。この店のマカロニサラダは、所謂あのマカロニの穴の部分が裂かれて広がった状態で出てくる。

その独特な触感も然ることながら、何せ味が良い。Nは余程気に入ったのだろう〆にもう一度頼んでいた。

それぞれゴマ焼酎と蕎麦焼酎に替えて、つまみも「焼き笹かまぼ明太」と「牛たたきポン酢」。その名の通り炙られた笹かまぼこの間の切れ込みに明太子を忍ばせてある。これがまた中々乙な肴と成る。Dcim1029「牛のたたきポン酢」は想像通り普通に旨い。

Dcim1028

こうなると最早日本酒にするほかない。お誂え向きに我が故郷の「初孫」が置いてある。

自家製塩辛と合わせて頼んだ。Dcim1033

更に「キャベツとソーセージ炒め」Dcim1031こんなものは自宅で食べろと言われそうだが、例えば同じおにぎりでも家で食べるのと山や海・川原などのアウトドアで食べるのとでは味わいが違う様に、家で食べるのとは趣は勿論、味も違うような気がする。

それにしてもこの店の常連さんは年齢層が高くこの近辺の方々が多そうだ。手頃な酒とつまみ、そして気さくな店主が居心地の良さを演出しているのだろう。

まだまだ試してみたい肴や酒が沢山ある。

突っ掛けのまま近所の方々が普段着で利用する酒場。どこか懐かしく、ほっとして何とも感じが良い店である。

« 男はつらいよ。 | トップページ | 銀世界。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/56521991

この記事へのトラックバック一覧です: 小径の賑わい。:

« 男はつらいよ。 | トップページ | 銀世界。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ