最近のトラックバック

« 柿が赤くなれば・・ | トップページ | 月のあかり。 »

異業種交流。

今宵、静岡は浜松で酔う。

目的の店に向かう途中、なんとなく外観が気に入り衝動的に暖簾をくぐった「あずまや」。Dcim0732Dcim0737店内はカウンターとテーブル席。簡素ながら落ち着いた雰囲気がある。

取りあえず「国盛」の燗と目の前にある「おでん」から「鰯つみれ」「厚揚げ」「こんにゃく」を頼んだ。Dcim0734Dcim0735飲りながら人の良さそうな店主と話すと、この店は昭和40年代に元々は「そば屋」として開業したが、この店主が酒場にしたそうだ。

「どて煮」と店主お勧めの「串かつ」。Dcim0736Dcim0739何の変哲も無さそうなこの「串カツ」、揚げたてと言う事もあるが一口食すと、分厚い肉が柔らかく、とても旨い。玉ねぎもまた良い。

お勘定を済ませ店主に挨拶をして店を出る。

遠州鉄道沿いを歩く。

浜松には我が故郷と同じく、「肴町」「鍛治町」「旅籠町」なのど情緒ある町名が今も残っている。

路地裏にある「じゃんだら&LA・JANN」。Dcim0742二度目の訪店になる。

重厚な扉を明けると美人ママが笑顔で迎えてくれた。

Dcim0743賀茂鶴とマグロぶつ。この店のシステムはキャッシュオンデリバリー。

Dcim0744酒も肴もうまいこの店、しかも安いとなれば当然呑み助が集う。定番とその日のアラカルトが和洋中と華やかに揃っている。

目の前に下がっているワイングラスが気に成り、たまにはワインでもと頼むと、ママから「ボージョレ・ヌーボ」を進められ即座に食いつく。Dcim0746Dcim0747Dcim0745ボージョレに合わせたつまみ。

先ほどから隣で飲っているお客が秋田の「大平山」だけを立て続けに頼んでいる。

ママも不思議に思ったのか「大平山好きなんですね」と聞いたら、そのお客は「実は・・」とその事情を明かした。

何とこの方、大平山の蔵元の営業の方だった。各地を回り地道な普及活動に励んでおられるとの事。

そうなるとコチラもシンパシーをおぼえ、急遽路線を変更して「大平山」を頼んだ。Dcim0748その後、このK西さんと名刺交換をして立石の「宇ち多”」や「鍵屋」の話、以前住んでいたと言う「堀切菖蒲園」や「お花茶屋」の話で大いに盛り上がった。

それを聞いていた右となりの大阪でボトルのキャップや硝子の製造などの営業行っていると言うT尾さんも交えて更に盛り上がる。

皆さん同年代。楽しく杯を重ねた。

次回、大阪や東京で再会する事を約束し、ママにも挨拶をして店を出た。

実に良い酔い。

« 柿が赤くなれば・・ | トップページ | 月のあかり。 »

コメント

太平山といえば「根津の甚八」。これしか置いてないのですから、この営業マン氏に話したら泣いて喜ぶ事でしょう。最近顔を出していませんがママは元気でしょうか。

M酔軍様

そうでした、根津は大平山でしたね。
根津は最近本当にご無沙汰してますが、ママの人柄が良いだけにあの残念さは何とかならないものでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/56116666

この記事へのトラックバック一覧です: 異業種交流。:

« 柿が赤くなれば・・ | トップページ | 月のあかり。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ