最近のトラックバック

« 金沢 此花町界隈。 | トップページ | 吉原狐。 »

開けて進む。

金沢から帰京。さすがに疲労困憊。こんな時は早く自宅へ帰れば良いのだが、無性に外で飲りたくなる。

久々の「 開進」。Dcim0683この街で頑なにその存在を示している数少ない酒場。

表の引き戸は開け放たれていて燻煙に霞む店内に入るといつもカウンターとテーブル。Dcim0676既に何人か諸先輩方が旨そうに飲っている。

コチラも早速酎ハイ。備え付けのエキスは入れずそのままで。

先ずは焼き物。「アブラ」と「ナンコツ」を。Dcim0677どちらも旨い、酎ハイも進む。隣のおじさんが「レバーのちょい焼き」を頼んでいた。なるほど。

自家製ポテサラ。Dcim0678これにソースをかけ回して食す。絶妙な舌触り、旨い。個人的な意見だが、ポテサラの命はいかに滑らかな状態で供されるかだと信じて疑わない。

ここで日本酒と共に真打登場。「湯豆腐」。これからの季節はこれに限る。Dcim0681Dcim0682渋いアルミ鍋で運ばれてきた。

ここのところ西国の湯豆腐を食す機会が多く、それはそれで旨いのだが、湯豆腐と言えばやはりこれがなじみ深い。

豆腐だけの潔い鍋、白葱と鰹節、それに七味唐辛子をふりかけオーソドックスに醤油で食す。ホッと心が安らぐ。

当然日本酒を燗で。Dcim0679この時間のこの店、いつもの喧騒は収まり静かに時が流れる。この侘しいシチュエーション、50を過ぎた男の悲哀を感じなくもないが、まぁそれも悪くない。

それにしてもこの「開進」、店名の由来は知らないが、未知の酒場を開拓するに相応しい名ではないか。

« 金沢 此花町界隈。 | トップページ | 吉原狐。 »

コメント

御意。

M酔軍様

いつもは忙しさのあまり、お姐さん方がピリピリした雰囲気を発しているこの店ですが、昨日はとても優しいお姐さんに変貌しておりました。朝から

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/55977100

この記事へのトラックバック一覧です: 開けて進む。:

« 金沢 此花町界隈。 | トップページ | 吉原狐。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ