最近のトラックバック

« Yokohama Bay Blues。 | トップページ | 酒なくて何の己が人生か。 »

I.W.G.P。




土曜日、朝7時に池袋駅で下車。

「池袋西口公園」の側にある「ふくろ」。Dcim0578「池袋・ふくろ」の名前だけは知っていたが、前日、敬愛する「白雲去来」の蜷川さんがFBにアップしているのを見て、矢も盾もたまらず早速の訪店となった。何と言っても朝7時からの営業は偉い。

暖簾が出ていないので少し躊躇したが店内に入る。変形カウンターがあり、既に常連さんらしき先輩方が粛々と飲っているが、いつもの様な刺すような一瞥は無い。

瞬時に店内を見渡すと、その品書きの多さに一人ほくそ笑む。先ずはレモンハイ。Dcim0580_2瓶の徳利で供された焼酎と、瓶に入ったレモンサワーを自分で調合する。お通しは「玉子豆腐」文句なし。

数ある品書きから好物の「北海たこ刺し」。Dcim0581しっかりと蛸の味がする。歯ごたえも大変よろしい。

これからの季節は何と言っても「湯豆腐」。お供に燗酒。Dcim0583_2Dcim0584_2

寒さが増すに連れて湯豆腐の旨さも増してくる。先ほどより気持ちヌルめの酒を追加。

隣の席に30代と思しき女性が一人で座り、瓶ビールと鮟鱇の唐揚げを頼んだ。何とも頼もしい。

こちらも負けずに、「ハムカツ」と「ハムエッグ」。Dcim0587Dcim0588玉子の黄身の少し固まり過ぎが残念だが、どちらのハムも薄くて縁が赤い。よしよし。

このあと、店のおねえさんにマヨネーズを頼んだら、マヨネーズの容器から蜷局状に山盛りで絞り出してくれた。これも良い。

徐々に店内も混んできて、常連さん同士で四方山話をしている。

頼みたいつまみがまだ沢山あるが、次回に取って置くことにし満足して店を出た。

駅の向こう側東池袋の方へ出て、天気も良く心地良い風に押されながら暫く歩いた。Dcim0590途中で都電に乗り込もうとしたが、思い止どまり腹ごなしに更に歩く。

気が付けば護国寺。Dcim0591折角なので本堂にお参りをして、境内で開催されていた骨董市を素見する。アンプルや注射ケースなど興味ある昔の医療用具が並んでいて中々面白かった。

不忍通りを大塚・千石・駒込と過ぎる。酔った勢いでかなり歩いた。動坂下の交差点まで来ると、さすがに喉の乾きをおぼえ、丁度良いオアシス「食事処・ときわ」へ入る。Dcim0593店内ほ程よく混雑していたが、殆どの方がビールや酎ハイなどを飲っている。これは誂え向き。

この店も品数が多い。Dcim0597

その品書きを目で追いながらテーブルに着き、早速酎ハイで喉を潤す。Dcim0595浅蜊の酒蒸し、これで350円。

酎ハイのお代わりと共にイカフライも一緒に頼んだ。Dcim0598これで300円。これもお値打ち。皆さん食事がてらに昼から飲っているのも納得。

町屋・浅草・金町・亀有など、これまで都内の「ときわ」を訪れたがまずハズレが無い。暖簾分けなど、何か相似する関連があるのだろうか。

感心しながら店を出て、結局は千代田線の西日暮里駅まで歩いた。

JRの最寄駅に帰り、初めて入る「MUSIC&BAR」でアーリータイムをロックで飲りながらちょこっとギターを弾いてきた。「Guitar night」の参加を勧められたが如何せんジャンルが違う。どうしたものか。

家にたどり着いたのが夜の10時過ぎ。家人より「朝から16時間、ご苦労様でした」と褒められた。詰られた。

「多少」のストレス解消にもなり、充実した一日。

« Yokohama Bay Blues。 | トップページ | 酒なくて何の己が人生か。 »

コメント

いやはやさすがです。また「ふくろ」に行きたいのですが、何しろ自宅から一時間半もかかります。それでもそのうちにまた行ってみたいと思っています。

蜷川様

お陰様でまた巡礼手帳に書留られる店が一つ増えました。

蜷川さんの味覚通りこの度食した三品とも満足ゆく味で、しかもあれだけの品数ですからまだまだ楽しめそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/55886353

この記事へのトラックバック一覧です: I.W.G.P。:

« Yokohama Bay Blues。 | トップページ | 酒なくて何の己が人生か。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ