最近のトラックバック

« 曽根崎心中。 | トップページ | 上洛。 »

子の心、親知らず。

大阪から一旦会社へ戻り、「今日は早く帰って家でゆっくり飲ろう」などと目論んでいるところに天敵の愚息から連絡が入った。

何事かと思ったら、「会議で銀座まで来たから、何なら帰りに一杯付き合ってあげてもいいよ」との事。

そのナメた物言いに「ふざけんじゃねぇよ!」と思いながら末広町で待ち合わせ。愚息のスーツ姿を見たのは成人式以来かも知れない。

「おに平」にて先ずは生ビールで乾杯。Dcim0601乾杯するや否や、コチラの方から「金なら貸せん」「女の問題なら自分で解決しろ」「仕事の悩みなら俺に聞くな」と一気に捲くし立てて先手を打ったておいた。

反応を待たず、この店の定番3種のつまみ、タコぶつ・まぐろぶつ・厚切りベーコンを直ぐ様頼む。Dcim0603              Dcim0611 Dcim0608 これと言った特別な用事があった訳では無く、単に時間があったから連絡をしてきたようで、コチラとしてはホッと胸を撫で下ろす。

途中から日本酒になる。Dcim0609我が故郷の「住吉」の銀を冷で。 Dcim0610程良い辛さと腰があり 、掛け値なしにやはり銘酒。

この他に「牛すじ煮込み」も頼んだのだが、残念ながら大阪のそれとは比べ物にならず、画像に残す事すら失念してしまった。

酒も入って愚息との会話の中で、小学1年から6年まで通った学童保育時代の話になり、御世話になった義兄弟の鉄仮面さんをはじめ、そのご家族の話に二人して当時を懐かしんだ。

愚息の口からご近所のI上さん・I井さんの話や、更にはM酔軍氏とその御門弟の大守氏の名前が出て「また今度飲みたいな」だと。

これまで散々潰されて、花生食堂の便器を抱えて寝込んだ事等、こやつの脳裏からはとっくに消え去っているのだろう。この学習能力の無さはまさしく母親ゆずりである。

お勘定の段になり、財布を出しかけた愚息を制し貸しを作る。

河岸を変えて続いては町屋へ移動。当然「ときわ食堂」。Dcim0613 愚息は生ビールに戻り、コチラは酎ハイで仕切りなおし。

天下御免の「刻み山葵」。運ばれて来た時に余計な事は告げず「これめちゃくちゃ美味いから」とだけ一言添えた。Dcim0614 箸で摘んで口に入れた途端、予想通り愚息は鼻と目頭を押さえ落涙しながら悶絶している。

笑っ笑っ笑っ、愉快愉快。大人の社会とはこう言うものだ。思い知れ。

痛みも大分和らいだようなので愚息の所望した好物の貝シリーズから盛り合わせと焼きハマ、そしてサザエの壺焼きを頼む。Dcim0615 Dcim0617 Dcim0621 ここらで二人とも「辛丹波」になる。Dcim0618

更には伝家の宝刀、「ホヤの塩辛」。Dcim0616 さすがの愚息もこの旨さに唸っていた。これで飲る日本酒は正しく至福である。

小腹が空いたと言うので「鉄火巻」を頼む。Dcim0620 これをつまみに更に酒を追加。

愚息の方から「明日もあるからこのへんで」と切り出してきた。

出張帰りで疲労困憊の中、かなりの酔いで店を出る。

愚息は明言通り、明朝が早いらしく職場の側にある先輩の家に泊めて貰うらしい。

北千住で分かれた。

良い気持ちで家に帰ると、家人から愚息を一緒に連れて来なかったこと事を責められた。

全く以って、間尺に合わない。

« 曽根崎心中。 | トップページ | 上洛。 »

コメント

立派な跡継ぎにご成長され、ご同慶の至りとお慶び申し上げます。あの若さで「ホヤの塩辛」に日本酒で舌鼓を打つなど席亭様と奥方様の今までの教えの賜物と感服致しました。これから益々楽しみですね。

M酔軍様

ご承知の通り、まだまだ甘ちゃんでお話にならない愚息ですが、今一度完膚無きまでに潰して頂きまして今後とも引き続きご指導のほどよろしくお願い致します。

 相変わらずの放蕩(!?)三昧・・・羨ましい限りです。ご子息も立派に成人しましたね。よく我が馬鹿息子のキャッチボールの相手をして頂きました。
 また、学童の保護者会はいろんな意味で楽しみでした。それにしてもあの頃はよく飲みましたね。いろんな人が出入りしましたね。みんなどうしてるんでしょうかね・・・。

ご無沙汰しております。
今回の親子対決、拝読しながら思わずニヤリとしてしまいました。
小生にも息子が二人いますので、いつの日かこのような対決を夢見ながら、日々精進して参ります。

鉄仮面様

愚息は当時よりも体格こそ大きくなりましたが、精神年齢は相変わらず学童時代のままです。

色んな方々が鉄仮面家や拙宅に出入りしては毎週のようにどんちゃん騒ぎしてた頃が懐かしいです。

時々吉岡家の話題が出ます。一度近場に居る方々だけでも集まりましょうか。

胡瓜のおかず様

胡瓜のおかず様も、もうすぐ親子で飲まれる日も近いと思います。
子供は親の成長が止まるのに反して、知らぬ間に成長して行きます。
親にとってはそれが嬉しくもあり寂しくもありますが。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/55340202

この記事へのトラックバック一覧です: 子の心、親知らず。:

« 曽根崎心中。 | トップページ | 上洛。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ