最近のトラックバック

« 魚影。 | トップページ | 柔。 »

いつの日にか帰らん。

朝早くから家人・愚息・娘、一家揃ってご先祖様の墓参りへ行く。

帰省すると、前日どんなに遅くまで酔っていようと朝早く起きる。いい歳をこいて逸る気持ちを抑えられない。Dcim0552 遠くに聳え立つ蔵王連峰を仰ぎ見ながら深呼吸をすると、まるでこれまでの悪行三昧が洗い清められる様な気持ちになる。そんな都合の良い話は無いのは重々承知している。

昼は家人と二人で「オオミヤ食堂」へ。とりあえずのビール。Dcim05307 いつもの様にサービスのお通し、美味しそうな胡瓜とタクアンだこと。

今回が帰省後初オオミヤの家人は迷わず「冷ったいラーメン」。
Dcim05316

自分は以前友人から聞いた「オオミヤはカツ丼だ」と言う言葉を思い出し、それに倣った。Dcim05325何しろこの店で麺類以外の物を口にするのは初めてなので期待を込めて食す。

マニアにはこの甘さが堪らないのだろうが、自分にはちょっとキツイ。

Dcim05338 カツ丼と一緒に供された「なめこの味噌汁」がしょっぱくて旨かったのがせめてもの救いだった。

夕方から家人の兄夫婦と姪っ子が加わっての賑やかな宴。

数々の食べ物がテーブルを飾ったが、結局のところ故郷色の濃い食べ物がメインになる。

さすがに本場の芋煮は旨い。何が違うのか、やはり味マルジュウや洗い里芋と山形牛がキーポイントなのだろう。Dcim0537 Dcim0540汁が濁らない様に弱火で煮た牛肉・芋・蒟蒻・葱の絶妙なバランスが堪らなく旨い。

最近は都内のスーパーにも顔を出すようになった「山形のだし」。市販の「だし」を「あれは全然ダメ」と全否定する家人は、いつも一生懸命「自家製だし」を作る。因みに自分はこの「だし」が食べられないのでその違いが判らない。Dcim0541

更に大好物の鯖生利の煮物 Dcim0539鯖の生利節とインゲン・細竹・糸コンを味マルジュウで煮たもの。冷めても旨いのが良い。

日本酒・焼酎・ビールなどがガンガン酌み交わされ、ここのところ体調を気遣い押さえ気味の親父殿も張り切っている。

日付を跨いで各々飲み疲れたところで自然に終了。

翌朝、仙台に住んでいる家人の兄夫婦と姪っ子を見送りした後、ご近所さんへのお土産を買いに出掛ける。故郷では人の集まるところには必ずと言って良いほどある「玉こんにゃく」。Dcim0543醤油の芳ばしい香りに釣られてついつい買い食い。芥子が鼻を突く。

昼は我が家族とお袋さんの5人で、お袋さんのお奨めの「あきばや」へ向かった。

この度は家人が不承不承の運転手。愚息ととりあえずのビール。Dcim0547家人の方は見ずに、愚息とひっそり乾杯。お通しは蕨と茸の煮物。大変よろしい。

家人や娘、お袋さんは温鳥中華・冷鳥中華などを頼んでいる。

自分と愚息は名代「あきばやの板蕎麦」。Dcim0550 蕎麦・汁ともに文句無く旨い。この状況では日本酒に成るのは当然の流れ、早速六歌仙を常温で頼む。

我が故郷では蕎麦にゲソ天は付きもの。Dcim05493もちろん蕎麦汁につけて肴にする。これも良し。

満足して店を出た。

帰省最後の夜。近所の「さくらい肉屋」で親父殿、お袋さんと暫し別れの宴。Dcim0565

相変わらずCPの高い素材。Dcim0555サーロイン・ロース・サガリ・タン・カルビ・ これを3皿。その他にも海鮮焼きや野菜などを頼む。

自分だけハイボール、その他は生ビールで乾杯。Dcim0554_2

娘が目ざとく見つけた「特選山形牛のユッケ」。Dcim0558新鮮なユッケを自分の手でパッケージから開けて卵黄の入ったタレにつけて食す。

親父殿とお袋さんは社会問題にまでなった例の一件が気にかかり、しきりに違う品を頼むように促していたが、この娘の食べ物に対する貪欲さは尋常で無い。満面の笑みでうまいうまいと連呼していた。

家人と二人、珍しく赤ワインにする。Dcim0563サーロインに玉ねぎのおろしダレを掛けて食べるとこれがまた最高。ワインの重さも丁度良い。

〆は冷麺。Dcim0564シンプルで酸味のある冷麺にほっとしてお開き。

皆そろって歩きながら帰る道すがら、小さい水路があったのでスマホのライトで照らすとザリガニや鰌がさっと身を隠すのが見えた。

日中の暑さが嘘の様に朝夕の風が涼やかで心地良い。

よほど気分が良かったのだろう、親父殿は家に帰りトンボ製のハーモニカを取り出し、得意の懐かしい調べを奏でた。

「♪夢は今もめぐりて・・」

« 魚影。 | トップページ | 柔。 »

コメント

♪うさぎ追いし~ かの山~~♪
素敵な里帰りだったようですね。羨ましい!!我が家は階下ですからねぇ~~。
山形といえばいつも思い出します。急行「津軽」に乗って天童に降り立ったこと・・・。
出発して間もなく車内灯は消え、車内販売もなく・・・・。買い忘れた私は一切の飲食もままならず・・・。朝の5時くらいだったんですが、天童の駅前には何もなく(せめて24時間営業のマックかコンビニくらいはあると思ったんですが・・・)寒風吹きすさぶ中、天童公園(舞鶴山)の人間将棋の大きな盤を眺めて5時間近くをつぶしました。寒かったです。
1日目は上ノ山、2日目は山形、3、4日目は米沢に泊まりました。素敵なところですね。是非、ご一緒させてください。・・・・・・・・・・・蔵王連邦=蔵王連峰ですよ~~~。

鉄仮面様

家内の母方のお寺が舞鶴山の麓にあり、毎年お参りに行く度に「奥羽越列藩同盟」や伊豆田先生の事を思い出します。

真偽のほどは定かではありませんが、この舞鶴山は上空から見下ろすと正に鶴が舞っている姿に似ている事からその名が付いたと聞いた事があります。飛行機から見ても確かに見えました(見えるそうです)。

ところでご指摘の件ありがとうございます。
お立場上捨て置けないのでしょうが、稚拙な覚書で尚且つ酔眼にての記載ゆえ内容・センテンス・誤字脱字など、これも酔って候へど・・です。

本日を持ちまして愚妻もいよいよ我々の世代の仲間入りとなりました。
今後共引き続きご指導下さいますようよろしくお願い致します。

M酔軍様

お内儀様の御誕生日との事で、誠におめでとうございます。

やっと折り返し地点ですね。先ずは祝杯をあげましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/55435775

この記事へのトラックバック一覧です: いつの日にか帰らん。:

« 魚影。 | トップページ | 柔。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ