最近のトラックバック

« 大阪ビッグリバーブルースⅡ。 | トップページ | 子の心、親知らず。 »

曽根崎心中。

尋常では無い暑さの中、最後の気力を絞って梅田へ繰り出す。

勤め人の帰宅時間とも重なり、梅田の地下街地上共にいやはや凄い人出。

知人に聞いた人気の「新梅田食道(ママ)街」を素見したが、確かに雰囲気はあるのだがどの店もイマイチしっくり来ない。

そんな中、偶然出くわした「曽根崎お初天神通り」。Dcim0599

いかにも「浪速の商店街」を漫ろ歩くと、在るねぇ~良さげな店が。Dcim0597カオスな商店街に凛々しく聳え立つ居酒屋「多聞・松屋」。

逸る気持ちを抑えながら暖簾を潜る。

長いコ型のカウンターがどこか誇らしげに見える。

とにかく喉が渇いた。小瓶では足りづ大瓶のビールを頼む。Dcim0583「おおざか」ではアルコールと「どて煮」は周知の併せ業。

Dcim0584品書きから「タコぶつ」が目に入った。見た目はありきたりだが、一口食すとこれがまた旨い。いままで西方のタコで外れた験しが無い。

多聞の冷酒「爽」をいただく。う~ん、旨い

Dcim0586_2

これぞ冷酒の為の肴、「わけぎ」。イカが入っているところがよろしい。Dcim0588 酢味噌の塩梅が大変よろしく、余計に冷酒がすすむ。Dcim0589 更に冷酒には御誂え向きにの玉子豆腐があった。暫し涼を味わう。

隣のおじさんが注文した赤ウインナーが運ばれて来た。

驚いたのは一皿三本の串に各々3個のウインナーが刺さって300円。このコスパではさすがの「たきおかも」形無し。

ここで真打「多聞」のぬる燗を頼んだ。Dcim0592 これが旨いんだな~、困った事に。

ついでに掟破りの「松茸土瓶蒸し」。Dcim0595_2 Dcim0596_2この松茸君、恐らく異国の出身であろうが、それでも鱧の旨味と相まって何とも言えず旨い。

なぎら健壱そっくりの店員さんが、現在開催されているオリンピックに於いて北朝鮮が金メダルを3個取っているのに、日本がゼロなのは実に情けないと吼えていた。

「ぬる」を追加して一緒に気炎をあげるも、明日が早い事を思い出しお勘定済ませ店を出る。

「未来成仏うたがひなき恋の手本となりにけり」。

« 大阪ビッグリバーブルースⅡ。 | トップページ | 子の心、親知らず。 »

コメント

連日の精力的な活動お疲れ様です。さすが浪速の食い倒れの街。あるもんですねというより席亭様の嗅覚が凄い!こちらは大守氏と「品川心中」とは情けない。

M酔軍様

品川をはじめ新宿や渋谷のご不浄、はたまた数寄屋橋交番の脇と、さすが大守さん心中場所を沢山お持ちのご様子、毎度の事ながら感服いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/55330454

この記事へのトラックバック一覧です: 曽根崎心中。:

« 大阪ビッグリバーブルースⅡ。 | トップページ | 子の心、親知らず。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ