最近のトラックバック

« 上洛。 | トップページ | SOOO BAAD REVUE。 »

風の中おのれを責めつつ歩く。

新大阪から慌てて新幹線に飛び乗る。

新山口で「特急スーパーおき」に乗り換え、向かうは島根県益田。スーパーとは名ばかりで途中の大雨により車中で1時間近く足止めを喰らった。

サクサクと用件を済ませまた戻り返し。今日だけで6時間半以上も電車に乗っている。いよいよ寅さんと化すのか。まぁ空を飛ぶ事を考えたら全然苦にならないが、それでも身体は正直だ。

せめてもの手慰め。このアルミ缶の田苑、アルコール度数が12%ある。話が早くて良い。Dcim0493

新山口へ戻った時には既に日も暮れてあたりも薄暗くなっていた。今日は疲れたので今夜は宿でゆっくり、などとも思ったが、何せ初めて降り立った山口、本能が蠢く。

駅前付近を散策したが以外に灯りが見えない。それでも脇道に反れてどうにか見つけた「やきとり・あじ吉」。Dcim0504 店内は年季の入ったカウンターと奥にテーブルがあり、常連さん達が盛り上がっていた。

コチラはカウンターに腰掛、取り敢えずのビール。Dcim0494_2改めて辺りを見回すと、はじめは真っ赤だったであろう堤燈もスモークがかかり、カウンターと共に良い色に輝いていた。Dcim0495Dcim0496 恐らくやきとりがウリなのだろう、種類も沢山ありそうだが一々頼むのも面倒になり、一人で店を切り盛りしている女将さんに、「適当に」とだけ伝え任せる。Dcim0499             若鳥・豚バラ・ネギ間。 Dcim0500塩っ辛さにはかなりの許容範囲があるコチラではあるが、この女将さんの塩の振り方が尋常で無い。正に高血圧まっしぐら。今時珍しく思わずニンマリ。

そうなればコチラも居住いを正して日本酒のぬる燗を頼む。Dcim0502 さすがにご当地、アルミの酒たんぽに注いだ一升瓶の銘柄には「山頭火」とあった。

更に「皮酢」。Dcim0503この皮酢、浅草辺りのそれとは違い、油で揚げていない。さっぱりとした中にも脂の旨味が十分際立ち旨い。

更に山頭火を追加。

良い気持ちになると同時に満足して店を出る。

駅前に戻ると白い物が浮かびあがる。Dcim0506 なるほど、「其中庵」。先ほど車中より湯田温泉も過ぎてきた。

蒸し暑い中、少し疲れて「うしろすがたのしぐれてゆくか」。

« 上洛。 | トップページ | SOOO BAAD REVUE。 »

コメント

生業とあっては仕方ないのでしょうが、見所も沢山ある山口。ゆっくり散策したいものですね。錦帯橋、岩国城、秋芳洞には行ったんですが、肝心の萩・津和野・・・維新ゆかりの場所にはいまだに・・・。
関門海峡を渡ると「門司港」というレトロな街並みも・・・(夜は素敵ですよ!)。
機会があれば是非、男同士というのも何ですが、ゆっくり堪能したい場所です。
「♪百年先の竜馬をやろうじゃないか~~♪」お疲れ様です。

鉄仮面様

錦帯橋・秋芳洞や萩にある松蔭神社は接待で訪れた事がありますが、名所旧跡巡りよりやはり酒場遺産ですね。(笑)

山口線の途中に「津和野」があり、車窓から眺めただけですが何とも言えない風情がありました。雨で街全体が濡れていたこともまた趣があり良かったですよ。

「♪東へ西へ南へ北へ たかが広げた風呂敷に忘れ物などなんもない」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/55367324

この記事へのトラックバック一覧です: 風の中おのれを責めつつ歩く。:

« 上洛。 | トップページ | SOOO BAAD REVUE。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ