最近のトラックバック

« 踊る阿呆に見る阿呆。 | トップページ | 魚影。 »

BLUES FROM THE YELLOW 。

本日より帰省。ガセネタの高速道路渋滞情報に惑わされて5時間も掛かったが、時間の制限が有るわけでもなし、のんびりと車を走らせてきた。

先発隊は家人を除く3人と1匹。

帰省の際の関所、「オオミヤ食堂」。Dcim0491_3

先ずは無事到着を祝い瓶ビールで乾杯。Dcim0492 サービスで付いてきやがった頂いた漬物を愚息と娘が絶賛していた。きっとうまいんだろうな。

「いよっ、待ってました」。ワンタンめん・冷ったい(つったい)ラーメン・冷ったい鳥そば。Dcim0495 Dcim0494 Dcim0496帰省の楽しみは幾つかあるが、これらの地元ならではの食事はその中でもかなり大きなファクターである。

夜は昔のバンド仲間4名と一献。

居酒屋「かっちゃん」。親しみを感じさせる店名。

ビールで乾杯した後、お通しが供された。Dcim0497 向かって左より、生湯葉・数の子とメカブの和え物・イカの塩麹漬け。

これではビールで遊んでる場合でない、店主「かっちゃん」お奨めのオリジナルブランド。Dcim0499小洒落たグラスで頂く。切れ味が良くて旨い。

お造り。 Dcim0504みな旨かったが、特に好みのホッキ貝とシャコが良かった。Dcim0500 黒毛和牛のハム。ここの大将、中々の手練 である。

銀鱈の西京焼き。Dcim0502盛り付け味共に良し。

途中「生海月のポン酢和え」で 暫し箸を休める。

Dcim0498

更に蛤の潮焼き。Dcim0505

高血圧や中性脂肪、肝機能障害など、年齢層に見合った正しい会話の中で塩ッ辛いものを肴に更に酒が進む。

「馬すじ肉のジュレ添え」と馬刺し。Dcim0506 これはまた独特な噛み応えとすじ本来の味わいがした。Dcim0507このぐらいの脂が丁度良く、生姜だけで食す。旨い。

冷酒が飛び交い、かなりの酔い。

満足して店を出て、駅前から七日町へ移動。

もう一人のバンド仲間が営っている店に正になだれ込む。Dcim0508暫くしてAのKeyでいつもの如く俄かブルースセッション。クリエイション・サンハウス・マキOZの和からクラプトン・BBキング・フレディーキングなどをなぞる。

愉しい夜はあっと言う間に過ぎてゆき、午前2時半ごろに帰宅。

« 踊る阿呆に見る阿呆。 | トップページ | 魚影。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524426/55412646

この記事へのトラックバック一覧です: BLUES FROM THE YELLOW 。:

« 踊る阿呆に見る阿呆。 | トップページ | 魚影。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ